COLUMN
トップページ > COLUMN > 私が考える「良い広告」とは?vol.5

vol.5

 

私が考える“良い広告”とは

「クライアントの想いや考えを正確にカタチにし伝えるもの」です。

 

クライアントと話していると、当然ですが、それぞれの企業に「こうなりたい」「これが自慢だ!」というアツい想いがあります。

しかしその想いは、社外、ひょっとすると社内(従業員)にも伝わっていないことが多くあります。

本来もっと輝ける企業・注目される企業であるのにも関わらず、それが伝わっていないのは、

こんなにもったいないことはありません。

それをカタチにし、広く伝えていくものが広告と考えます。

その為に、クライアントとしっかりと向き合い、お互い納得のいくものを作り上げていきます。


 

良い広告株式会社 浜松本社

営業企画部 主任 大倉 浩介

 

 

興味を持っていただけた方は是非。

お問い合わせはこちらをクリック

                           4011512_s

 

 

 

GO TO TOP