COLUMN
トップページ > COLUMN > 私が考える「良い広告」とは?vol.12

vol.12

 

私が考える“良い広告”とは

「出会う機会のなかった人々、企業、ものをつなぐきっかけをつくるもの」です。

 

日々、様々な業種のお客様と接し、仕事をする機会を頂きます。

初めて会う方々、知らなかった企業、多様な考え方との出会いの連続です。

どこかで見た企業、あの時聞いた話、というように、

一度触れたことがあるものの情報はその後の日常生活でも圧倒的に目に留まりやすいことに気づくと同時に、

「知らない」ことで私たちが普段逃してしまっている機会が数多くあることを非常にもったいないと感じました。

そしてこれが、広告が存在する1つの意味ではないかと考えました。

 

「広告の力で人を動かす」ことは理想ではありますが、容易ではありません。

私たちにまずできることは、種をまくように小さなきっかけをつくり続けることだと思います。


 

 

良い広告株式会社 静岡支社 

営業企画部 武本 美穂 

 

 

興味を持っていただけた方は是非。

お問い合わせはこちらをクリック

                           4011512_s

 

 

 

GO TO TOP