COLUMN
トップページ > COLUMN > 私が考える「良い広告」とは?vol.3

vol.3

 

私が考える“良い広告”とは、

「その為なら時間を割いても良い、と思ってもらえるもの」です。

 

人には等しく時間が流れています。でも、それぞれにタイムリミットは細かく設定されていて、

個々に情報に触れる機会が多い現代では、それはさらに細かくなっているようにも感じます。

私たち良い広告という企業は普段、“コミュニケーションを促進させる事を目的とした業務”全般を請け負っていますが、

その表現方法や、展開に使用する手段もお客様のご要望ごとに様々です。

例えば、イベントも動画もSNSによる投稿もユニークなCMも、リクルート活動でさえ、いずれも広告としての目的がありますが、

それらを見たり体験された方々に「時間」を割いてもらい、記憶に残し、行動へ変えてもらえるかどうかが、その真価になると考えます。

 

その為、どういった仕事であっても時代や風潮に関わらず必要な事は、お客様やそのさらに先の生活者の皆様が、

「その為だったら時間を割いても良い」と思って頂けるものを創り、理解頂こうとする事であると考えています。

そんな私たち良い広告株式会社のために、日頃貴重な時間を頂けるというお客様とご一緒に、

生活者の皆様の記憶や暮らしの中の貴重な時間の一つをより良いものにするために、その機会を是非頂けたらと思います。

 

良い広告株式会社 静岡支社

営業企画部 係長 西元 勇人

 

 

興味を持っていただけた方は是非。

お問い合わせはこちらをクリック

                           4011512_s

 

 

 

GO TO TOP