COLUMN
トップページ > COLUMN > 私が考える「良い広告」とは?vol.8

vol.8

 

私が考える“良い広告”とは『人生のターニングポイントに存在するもの』です。

 

モノや情報に溢れた現在、人々は様々な広告に接しながら生活をしています。

 

モノには、クライアントの想いが詰まっており、時には人生に影響を与える程の力を持っている場合があります。

例えば、忙しい主婦の方が便利家電に出会ったことがきっかけで、趣味に費やす時間が増えたことや、

美味しいケーキを食べたことがきっかけでパティシエを目指す人もいるでしょう。

大小はあれ、人生に影響を与えています。

人がモノと出会い、行動に移すきっかけを創り出すものが良い広告であり、

強い想いで作られた良い広告は、『人生のターニングポイントに存在するもの』だと考えます。

 

 

 

良い広告株式会社 浜松本社

営業企画部 中村 享平

 

 

興味を持っていただけた方は是非。

お問い合わせはこちらをクリック

                           4011512_s

 

 

 

GO TO TOP