COLUMN
トップページ > COLUMN > 私が考える「良い広告」とは?vol.1

vol.1

 

私が考える良い広告とは

「社会、個人にとって、新たな発展と創造を生む」もの。

 

 

お客様であるクライアントに対しては、前提の課題を捉え、理解し、その課題に対する仕組みや表現、手法を考案、設計し、

実践することにより、利益につながる結果を生み出すことと考えます。そして、そのことにより、

社会・個人に新たな付加価値と創造が生まれ、

より良い「今」が生み出され、新たな「未来」に繋がっていくことが「広告」の役目であると思います。

広告自体が社会の中で有益なものであり続けていけるよう、追い求めていきたいと思います。

 

 良い広告株式会社 浜松本社 

 営業企画部 執行役員  本多 博

 

 

興味を持っていただけた方は是非。                       

お問い合わせはこちらをクリック

                         4011512_s  

 

 

GO TO TOP